私もイメージコンサルタントの世界に飛び込み、ふと周りを見ると美しい人たちに囲まれる生活となりました。そして気づいたんです。

美人は皆、ノースリーブを着ていることに!!!

皆は大げさかも知れませんが、少なくともノースリーブに対するハードルが低い!

美人だからノースリーブを着るのか、ノースリーブだから美人に見えるのか分かりませんが、ノースリーブを颯爽と着ている女性は自分に自信があって、凛としている印象があります。

多少、お肉がついていても、それもまた女らしさを引き上げる個性として、ご本人が受け入れていて堂々と身にまとう感じ。

その潔い姿勢が、より美人見えするのかもしれませんね。

何を隠そう私は去年からこれに気づいていまして、美人を先取りしてしまおうと去年こっそりノースリーブデビューを果たしました(笑)

ノースリーブを着続けた結果、今年も既に自然にノースリーブを手に取る生活となっています。

 何自慢?

太い二の腕を出す、ということにはまだまだ抵抗感がありますが、だからこそ気持ちが引きしまる気がします。

二の腕トレーニングを開始しましたが、引き締まる頃には冬かしら・・・。

さて、ここで突然の骨格診断的な話ですが、

ノースリーブが一番似合うのはウエーブの方です。

ウエーブの方は二の腕の外側にお肉が付きにくいので、腕を出してもあまり肉感的には見えません。とはいえ、外側につかないだけで二の腕の裏側にはちゃんとついてます。
腕を振るとフリソデ状態になりますので、しっかりと鍛えましょう。

骨格タイプストレートの方は、二の腕の外側からハリのある筋肉が付きやすいので太ると肩から丸くなります。そのような理由からノースリーブをおススメしないケースもあります。フレンチスリーブや七分袖などメリハリのある腕のラインの一番太い部分で切れる袖よりは、思い切ってぜんぶ出してしまったほうがすっきりして見えます。

骨格タイプナチュラルの方は、一般的に肌を露出しない方が女性らしく見えると言われています。どうしても肌の質感のドライな感じが出たり、骨や筋がしっかり見えてしまう方が多いためです。しかしナチュラルさんには個人差がかなりあります。たとえば私自身もナチュラルですが腕や脚には骨感があまり無く、どちらかというとウエーブの方の質感に近いとよく言われます。

これもたくさんの骨格診断ファッションアナリストさん達に見ていただいて初めて気づいたことです。(その代わり、肩や首回りはしっかりナチュラルです)

腕はわりとやわらかなお肉いっぱいです。

その辺の微妙な個人差はご自身ひとりでは分かりにくい部分だと思うので、気になる方はぜひ診断で確認させてくださいね。

この夏、あなたも潔く美しい大人ノースリーブに挑戦してみませんか?

案外、イケるかもしれませんし、私のように「やばっ!二の腕を引き締めよう!」と新たな美の課題が見つかればそれはそれでよいではないでしょうか?

骨格診断で似合うノースリーブを見つけましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!武田しのでした!