骨格理論ではヘアスタイルも全身バランスを整えるのに大切なファッションアイテムとして活用できます。

まとめ髪は夏のイメージですが 、タートルネックやマフラー・ショールなどの巻き物をする時には、まとめ髪のほうがバランスが取れるケースが多いです。

骨格タイプ別の冬のまとめ髪についてご紹介します。   

【骨格タイプ】ナチュラル

 ラフ・カジュアルを得意とする骨格タイプナチュラルの方は髪型もきっちりまとめるよりは無造作な感じのまとめ髪が似合います。

私自身がそうなのですが 、ほお骨やえら、首すじなど顔回りに骨感を感じる方が多いので、おくれ毛を残してあげると雰囲気が柔らかくなります。

基本的にタートルネックが一番似合う骨格タイプになりますのでデザインはあまり選びませんが、体のラインがあまり出ないようなデザインだったり、ミドルゲージ・ローゲージ、ケーブルニットリブなら太いものなどザクザクした素材感と相性がとても良いです。

【骨格タイプ】ウェーブ

華奢、エアリー感を得意とするウェーブさん。

  ナチュラルさんのような無造作感よりは、もう少し華やかなカール感・ウェービー感で目線を上げると全身バランスがとりやすいです 。

ゴージャスに巻いた後、ヘアアクセを使ってまとめたり、くるりんぱなどで立体感のあるまとめ髪をするのもおすすめです。

ニットは女らしさのあるタイプのものがお似合いになる方が多いです。

フリルやラメ、ビジューなどデザイン性のあるものだと首回りが寂しくなりません。もしシンプルなリブニットを着る時もネックレスやファーなどで華やかに盛ることをお忘れなく。

【骨格タイプ】ストレート

3つの骨格の内、あごからバストまでの距離が一番短いのがストレートさんです。

この部分をいかにスッキリさせるかがスタイルアップのキモとなります。ストレートさんがショートヘアやボブヘアが似合うのはそういう理由も大きいです。

一番のおすすめは、すっきりとおでこや耳を出した凛としたアップスタイルです。

ストレートタイプの方はおくれ毛を出すと疲れて見えてしまう方が多いようですので、出しすぎないようにお気を付けください。

ニットは首が完全に覆われているタートルネックより首の地肌が少し見えるハイネック・ボトルネックがおすすめです。 高さのある胸のラインを綺麗にみせてくれます。

また、オフタートルネックのように首回りに垂れるタイプのものはスッキリ見えないため、あまりおススメはできません。

ご参考にしていただけたら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました!