そろそろ首元が肌寒くなってきてお洋服にタートルネックのニットを導入される方もチラホラ。
昨日などまだ暑いので綿ニットではありますが、私も昨日はハイネックでした。

今日は首のお話。それぞれの骨格タイプでもまた首の形が違い、それにより似合ってくるタートルネックもだいぶ異なってきます。

骨格ストレートさん

首が短い方が多いです。よってタートルネックのニットは似合わないと思われがちなのですが、あまりモコモコしたものではなくハイゲージで高級感のあるものを上品にすっきりと着ていただく分にはとてもお似合いなんです。

ストレートさんは他の骨格タイプの方たちに比べて、バストラインが高く綺麗なのでそのシルエットを強調できるタートルネックは冬の味方になります。

もちろんぴったり過ぎず、体型にあったものを着るのがコツです。

できればタートルネックより、ハイネックやボトルネックなどで首が少し見えると詰まって見えませんので良いでしょう。

骨格ウェーブさん

首が細く長い方が多いです。ウエーブさんは体のラインを出すのは得意ではありますが、シンプルでぴったりとしたタートルネックだけを着ていただくと、首の長さと上半身の薄さが強調されてしまいます。

これだと寂しく見えたり、間延びして見えてしまう危険性があるので、ネックレスやスカーフなどで華やかに盛りながら目線を上にあげるようにしてください。

半袖ハイネックニットの上にカーディガンなどアンサンブルで着ていただいたり、普通のタートルネックではなくオフタートルネックにするのがウェーブさんには良く似合います。
ハイゲージや毛足の長いふわふわ素材、ラメが入ったニットもおすすめです。

骨格ナチュラルさん

ナチュラルさんは首が太めで骨や筋が目立ちやすいのが特徴です。
タートルネックニットとの相性が抜群です。首が覆われていることで首の骨や筋感が目立たなくなります。
おススメはストレートさんとは逆になります。

ハイネックよりは、タートルネック。
ハイゲージよりはミドルゲージやローゲージ。
ハイゲージやリブニットだとデザインにより身体のラインを拾いやすいので、肩のラインなどがちょっとたくましく見えてしまうことがありますので、購入時は試着を必ずしてください。

私は肩がたくましいためミドルゲージとローゲージしか着ていません。

以上、お読み頂きありがとうございました。